スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページをデザインするにあたって

※最初に・・・
 この記事は一概にそうとはいえません・・・戯言です。

WEBサイトのデザインは大きく分けて2パターンあるのではないかと思います。

 1.情報を読ませるサイト
 2.デザインや動きで見せるサイト

この、2つではないでしょうか。

■1の「情報を読ませるサイト」は、
企業サイトや、ポータルサイト等が上げられると思います。

商業デザインとして、情報を読ませるサイトですから、当然”デザインがカッコイイ”より、機能性・操作性・見やすさ・読みやすさが重要視されています。

Yahooのトップがすっごいこってりしたデザインだったらと思うとぞっとしますよね(笑
(そういえばYahooのトップデザイン、前から変わってましたね。既に今のデザインで慣れていました・・・)

余分なデザインを行わないシンプルさだからこそ、ポータルサイトとして利用されていると思います。



ただ、デザインする上で、私が一番難易度が高いと思わせるのは「シンプルなデザイン」です。
私が考えるシンプルなWEBデザインとは
シンプル=簡単、ではなく、「余分なものがない(掲載情報を絞る)」「考えさせない(操作的な意味で」「ストレスを感じさせない」「見た目スッキリ」
これを実践しようとすると中々大変・・・。載せたい情報をレイアウトしていくとごちゃごちゃコンテンツが増えてあせってしまいます。



■2の「デザインや動きで見せるサイト」は、
アーティストサイト、旅館(ホテル)サイト、飲食店サイト等が上げられるのではないでしょうか。

デザインや動きで見せるサイトの特徴は、FLASHを使っての動きの演出で、サイト観覧者の目をひきます。
情報を読ませるより、”(キャラクター、商品、ブランド)イメージ”をいかに伝えるか(表現するか)だと思います。



こういったサイトはアートデザインとでもいうのでしょうか、DTP出身のWEBデザイナーの方が得意図する分野ではないかと思います。(勝手な想像)



サイトの目的に沿ったデザイン設計をするのがやはりプロの仕事というところでしょうか
スポンサーサイト

テーマ : web制作
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

素材メニューリスト
リンク


 

ブログ内検索
最近の記事
プロフィール

webkt

Author:webkt
フリーランスのWEBデザイナーになろうとする、田舎者の戯言。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。