スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEBサイトのデザインを検証

まだまだWEBデザイナーとして、特にデザイン力に自信がついていない私が、生意気にもWEBデザインについて語らせていただきます。


なんと、企業サイトがまとめてある便利なサイトがあったので、こちらを参照しながら、検証していきます。検証対象は企業サイト!

http://www.webdedb.com/cat/corp/
評価?が高いサイトのトップページデザインの傾向を検証開始。


★ざっくりみた特徴
 1.ロゴは左上
 2.トップページにFLASHを使用している
 3.メイン写真(画像)を大きく表示

※まだ、共通点ぽいのはありましたが、3つに絞って検証!



1.ロゴは左上
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やはり、WEBサイトでの暗黙のルールかもしれません。
「ロゴは左上に合って当然」といったところでしょうか。

皆が何気なく認識している事を前提に、サイトのブランドイメージであるロゴを画面左上にさり気なく配置する事で、ロゴを探させる事なく認識してもらうという事でしょう。
仮にロゴが画面左下とかにあったら、「これはロゴ?サイト名?」とユーザを悩ませストレスを与えかねません。




2.トップページにFLASHを使用している
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当たり前ですが、コンセプトをしっかりもったFLASHになっていました。
ただ何となくFLASHという雰囲気では使用されていないようです。
(たまにクライアントの要望でなんとなくトップページにFLASHを置きたいという方がおられました・・・こういうのが一番困りますね。)

やはりFLASHの利点としては、動きで表現できる事や、インパクト、目にとまりやすい等でしょうか。

いかに、サービス(コンセプト)を伝えるかについて、FLASHを使った方が表現の幅が広がり、より伝わりやすくなる傾向があるのかなと思います。




3.メイン写真(画像)を大きく表示
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やはりトップページは、表示されてから数秒が命!
一瞬でユーザを捕らえられなければ、離脱していってしまいます。(本当に・・・

そこで、メイン写真(画像)を大きく表示し、サイトの印象を一瞬伝え、ユーザを逃がさないようにしていると考えます。


例えば、写真ではなく文字のみで表現された場合。
 ・猫
 ・薄茶色と白色の毛(白部分がほとんど)
 ・階段の上で座っている
 ・猫の目線はカメラの左上
 ・前足(左)が階段から少しはみ出している
 ・しっぽの部分は薄茶

上記を全部読んで、なんとかイメージできますが、

↓下の写真を見たら・・・・




























162-nekoneko.jpg
一瞬で、イメージを掴む事が可能になります。
やはり「百聞は一見に如かず」という事になるかと思います。

トップページのメイン写真(画像)はやはり重要な要素だと再認識しました。

これはトップページに限らず、他のページにしても、同じ事がいえますね。
例えば、ホームに戻るボタンに”家のアイコン”があったりすると、分かりやすいですよね。
そういったさり気ない気配りの効いたデザインはすばらしいと思います。(私も頑張らなくては・・・)



検証してみて、WEBサイトのデザインというのは、ユーザ中心に考えられているんだなぁと、改めて考えさせられました。
ユーザの事をしっかり考えたWEBデザインをこれからもしていきたいです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : web制作
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

素材メニューリスト
リンク


 

ブログ内検索
最近の記事
プロフィール

webkt

Author:webkt
フリーランスのWEBデザイナーになろうとする、田舎者の戯言。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。